第3回日本演奏芸術医学研究会学術集会のご案内


第3回日本演奏芸術医学研究会学術集会

会長:佐野和史(順天堂大学浦安病院形成外科 教授)

開催日:令和6年7月14日(日曜)

場 所:順天堂大学 有山登メモリアルホール
 (東京都文京区本郷2丁目1番1号、順天堂大学7号館13階)

参加資格:医師、歯科医師、医学部および歯学部学生

参加費:8,000円(学生無料)
(参加者は「第2回日本演奏芸術セラピイ研究会」にも参加できます。)

講演:

蘆田ひろみ 有馬医院院長、京都バレエ専門学校理事長

熊川孝三 赤坂虎の門クリニック耳鼻咽喉科部長、元虎の病院聴覚センター

三浦俊樹 JR東京総合病院副院長

佐野和史 順天堂大学浦安病院形成外科教授

シンポジウム・一般口演:整形外科・耳鼻咽喉科・歯科・脳神経内科・形成外科など各分野の音楽家医学・ダンス医学に関する演題を予定しています。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

■ 第3回日本演奏芸術医学研究会学術集会 参加登録フォーム
こちら をクリックしてご登録をお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

第3回日本演奏芸術医学研究会学術集会 JPAMA2024 
令和6年7月14日(日曜) 順天堂大学有山メモリアルホール
(東京都文京区本郷2丁目1番1号、順天堂大学7号館13階)
プログラム

9:00~9:05 開会挨拶
9:05~9:40 一般演題1(耳鼻科)座長:楠山敏行 慶響会東京ボイスクリニック
1.パフォーマンス発声調節障害に対する干渉波電流刺激の試み
   駒沢大吾
   声のクリニック赤坂
2.歌唱発声障害を主訴に受診した症例のSHVIの検討
   二村吉継
   二村耳鼻咽喉科ボイスクリニック 
3.機能的喉頭超音波検査が音声障害診断の一助となり得た症例
   國枝千嘉子1) 森友宏2) 任書晃1)3)
   羽島市民病院耳鼻いんこう科1)、放射線科2)
   岐阜大学大学院医学研究科 生命原理講座 生理学分野3)

 

9:40~10:40 講演1      座長:井口正寛 福島県医大 脳神経内科

4.演奏芸術家の聴覚に関わる問題と対応
   熊川孝三
   赤坂虎の門クリニック耳鼻咽喉科部長 元虎の門病院聴覚センター長


10:40~10:50 休憩
10:50~11:25 一般演題2(歯科) 座長:和田淳一郎
                     東京医科歯科大院 生体補綴歯科学分野
5.フルート吹奏時に口腔周囲に不随意運動が見られる奏者にミュージック
  スプリントを装着した一例

   服部麻里子 1)2)  白子儀 1)  龐鑫宇 1)  宮坂厚弘 2)  山谷雄一 3)  若林則幸 1)
   東京医科歯科大学大学院 整体補綴歯科学分野1)
   医療法人社団清慈会牛込パーククリニック2) 
   東京医科歯科大学病院 歯科技工部3)
6.音楽歯科外来における当院の取り組みについて  
   宮坂厚弘1) 服部麻里子1)2)
   医療法人社団清慈会牛込パーククリニック1)
   東京医科歯科大学大学院 生体補綴歯科学分野2)
7.Effect of the music exercise on improving the oral functions of patients with maxillofacial defects: a randomized controlled trial.
   Ziyi Bai 1), Yuka Sumita 2), Mariko Hattori 1), Xuewei Han 1),
   Menghan Miao 1), Xinyu Pang 1), Gen Tanabe 3), Noriyuki Wakabayashi 1)
   Department of Advanced Prosthodontics, Graduate School, Medical and Dental
   Sciences, Tokyo Medical and Dental University1)
   Department of Partial and Complete Denture, The Nippon Dental University    School of Life Dentistry2)
   Division of Sports Dentistry, Department of Community Health Sciences, Meikai    University School of Dentistry3)


11:25~12:25 講演2      座長:岡崎賢 東京女子医科大学 整形外科
8.日本のバレエ芸術「今までの歴史とこれからの展望」
   蘆田ひろみ 
   有馬医院院長 京都バレエ専門学校理事長


12:25~13:15 昼休
13:15~13:35 総会
13:35~14:20 一般演題3(整形、形成、放射線) 
                  座長:毛利美貴 東京警察病院 形成外科
9.居合道の胴着の補正に苦慮していた乳癌術後患者に対する乳房再建術
   河田健吾 渡部聡子 大槻眞澄 河田真作
   河田外科形成外科
10.音楽家の乳房再建  
   寺尾保信 冨田祥一 藤井海和子
   都立駒込病院 形成再建外科
11.ピアニストが放射線治療を受けているときの経過と留意点について  
   岡田幸法
   聖マリアンナ医科大学 放射線治療学
12.ハイヒール歩行の解析と装用の注意点
   増田陽子
   獨協医科大学埼玉医療センター 整形外科
13.管楽器奏者向け動画サイト(Creatone)を用いたE-learningによる頭痛啓発
   勝木将人1) 2) 3) 宮越悠貴4) 五宝秀斗4)
   1) 長岡技術科学大学 情報・経営システム系 データサイエンス講座 兼
    体育・保健センター 2) 糸魚川総合病院 脳神経外科
   3) 諏訪赤十字病院 脳神経外科・頭痛外来 4) 株式会社レグニション


14:30~15:30 講演3 座長:佐野和史 順天堂浦安病院 形成外科・再建外科
14.手外科の日常診療におけるmusician's handの注意点
   三浦俊樹
   JR東京総合病院副院長 整形外科


15:30~15:40 休憩
15:40~17:00 シンポジウム「Musician’s Handをめぐって」  
                 座長:副島 修 福岡山王病院 整形外科                        原 章 順天堂大浦安病院 整形外科
15.音楽家の母指CM関節症に対する関節形成術
   副島 修
   福岡山王病院 整形外科
16.音楽家の手指骨折の治療
   喜多島出
   虎の門病院分院 整形外科
17.音楽家の上肢機能障害における心理因子の影響
   上原浩介
   埼玉医科大学 整形外科
18.中枢神経障害の指標としての手の機能の評価
   市丸宏三
   いちまる整形外科クリニック
19.中枢神経障害の指標としての手の機能の評価  
   澁谷亮一
   北大阪ほうせんか病院整形外科

 

17:00~18:00 会長講演       座長:原 章 順天堂浦安病院 整形外科 20.一般外来を受診するアマチュア演奏者の障害について
   佐野和史
   順天堂大浦安病院 形成外科・再建外科教授


18:00 閉会挨拶と次回第4回開催案内

第2回日本演奏芸術セラピイ研究会のご案内


第2回日本演奏芸術セラピイ研究会

世話人:酒井直隆(医療法人社団アーツメディック 理事長)

開催日:令和6年7月14日(日曜)

場所:順天堂大学 有山登メモリアルホール
(第3回日本演奏芸術医学研究会学術集会と合同開催)

参加資格:理学療法士、作業療法士、
理学療法学科・作業療法学科学生

参加費:5,000円(学生無料)

(参加者は「第3回日本演奏芸術医学研究会」にも参加できます。)

講演・シンポジウム・一般口演:音楽家医学・ダンス医学と理学療法・作業療法に関する演題を予定しています。

医師・歯科医師・理学療法士・作業療法士以外の皆様には、来年以降に一般向け講演会を計画していますので、その節はよろしくお願い致します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

■第2回日本演奏芸術セラピイ研究会 参加登録フォーム
こちら をクリックしてご登録をお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

第2回日本演奏芸術セラピイ研究会
令和6年7月14日(日曜)順天堂大学7号館1階カンファレンスルーム
(東京都文京区本郷2丁目1番1号、順天堂大学7号館1階)
プログラム


9:00~9:05 開会挨拶


9:05~10:50  シンポジウム1:理学療法士とダンス医学-それぞれの向き合いかた
                        座長:永岡結香 永寿総合病院
                        廣幡健二 東京医科歯科大
ダンサーの障害治療に対するアンケート調査-都市と地方に違いはあるか‐
   渡邊のどか 永寿総合病院
当院のバレエ外来の歩みと展望-年齢及びダンサーのレベル別でみた障害部位とオーバーユースについて
   萩原みなみ 医療法人アーツメディックさかい整形外科
足部多点マーカに基づく運動中の3次元足部骨運動の推定手法の開発−バレエダンス動作分析への応用可能性の検討−
   松本優佳 東京大学理学系研究科生物科学専攻
バレエダンサーの筋骨格系障害予防を目指した取り組み
   廣幡健二 東京医科歯科大学スポーツ医歯学診療センター
大学病院におけるダンス障害患者の特性と障害予防に関する考察
   矢次 彩 福岡大病院リハビリテーション部
   高野吉朗 国際医療福祉大福岡保健医療学部


10:50~11:25 会場討論・休憩


11:25~12:25 講演(医学研と合同、有山メモリアルホール)
                   座長:岡崎 賢 東京女子医大整形外科
日本のバレエ芸術「今までの歴史とこれからの展望」   
   蘆田ひろみ 有馬病院院長 京都バレエ専門学校理事長


12:25~13:40 昼食・休憩


13:40~15:10 シンポジウム2:音楽大学教育における医学導入
                   座長:堀田晶子 帝京大医学教育学講座
                      酒井直隆 医療法人アーツメディック
音大教育における医学・理学療法士の役割
   中村純子 理学療法士 東京藝大非常勤講師 高知リハビリテーション専門職大
音楽大学教育における医学導入-大阪芸術大学の場合
   山本 篤 理学療法士 大阪芸大非常勤講師 日本音楽家機能解剖学指導者協会
音楽専攻学生の医学的教育とその課題
   頼島 敬 内科医 元くらしき作陽大客員教授 医療法人ユア・メディック
音大教育と医学導入-国内での経験と海外動向
   酒井直隆 整形外科医 元洗足学園音大客員教授 医療法人アーツメディック
教育理論に基づく音楽大学教育への医学導入の効果検証
   堀田晶子 内科医 帝京大医学教育学講座講師


15:10~15:20 休憩

15:20~16:00 一般演題
                   座長:松本拓也 やつか整形外科内科
演奏時のジストニア改善に必要な要因についての考察―語りのSCATとTEMによる分析
   田島明子 神保洋平 湘南医療大学保健医療学部
理学療法士が吹奏楽部に介入する効果と可能性
   木村 友紀 松陰神社前整形外科
アマチュア歌唱者を対象とした発声周波数と頭頚部の動態との関係
   飯島 大志 岩崎大貴 声とからだのトレーニングスタジオ ARIA


16:00~17:00 講演        座長:萩原みなみ 医療法人アーツメディック                       酒井直隆  同
ユニークなピアノ指導から得た気づきとバレエダンサーへの応用可能性の考察
   永岡結香 永寿総合病院


17:00 閉会挨拶と次回第3回案内